【色調補正】トーンカーブ

2017年08月08日
いいね!いいね ! 0     
Loading...
 
6 views♪

 


 

 

 

本日は、トーンカーブをご紹介したいと思いますicon-216

 
こちらは、グラフのコントロールポイントを使って色を補正する機能ですicon-213

 

これもレベル補正に続いてicon-229画像処理でわりとよく使う機会が多いですicon-32icon-7

 

 

 

難しく感じますがicon-7

 

マスターしてしまえば、とっても高度な補正ができる機能なんですicon-228icon-5

 

【色調補正】
トーンカーブ

 

 

 

 

 
 

  

 

 

 

 

 

 

 使い方

 

 

 

 

 

7.30banner①

 

 

 

トーンカーブは、イメージ>色調補正>トーンカーブでひらきますicon-214

 

 

 8.13pic-7

 

 

 

 

 

するとパネルがでてきますが、このようになっていますicon-50icon-74

 

 

 

8.13pic-8

 

 

 

コントロールポイントを上下左右に移動させて調整しますicon-213

 

カラーごとに設定もできますicon-110

 

 

 

 

 

7.30banner①

 

 

 

 

つぎに、トーンカーブの基本的な操作をやっていこうと思いますicon-172

 

 

難しく考えてしまいがちですがicon-229

基本的にこれをおさえておくだけでもいいと思いますicon-145

 

 

では、わかりやすいように、以下に3つのパターンを用意しましたicon-20

 

 

8.14pic-2

8.14pic-3

 

 

 

 

8.14pic-4

8.14pic-5

 

 

 

 

8.14pic-68.14pic-7

 

 

特に説明は必要ないと思いますがicon-9

 

この3つの方法を覚えておけばicon-4わりと大丈夫だと思いますicon-36icon-7

 

プレビューをみながら調整してみてくださいねicon-104

 

 

 

 

 

7.30banner①

 

 

 

ではつぎに、明るすぎる写真の補正に入りますicon-214icon-215

 

先程のやり方でもいいのですがicon-11

 

少し手間を加えますicon-92

 

では、こちらの画像を用意しましたicon-210 

 

 

 

8.14pic-8

 

 

 

 

とっても明るい画像ですねicon-7 

 

こちらを修正しますicon-57

 

 

まず、イメージ>色調補正>トーンカーブと進みますicon-111

 

 

 

 

 

8.14pic-9 
 
 
 
 
 
でてきたパネルで、シャドウの下にあるスライダを山が始まる手前まで移動させicon-213

 

さらに、ハイライト側のコントロールポイントを下に下げますicon-204

 

 

 

 

8.14pic-10

 

 

基本的には、これでOKですがicon-130

 

さらにもうひと手間加えますicon-49

 

空の青い色を少し鮮やかにしたいのでicon-6

 

 

パネル左下にある8.14pic-11をクリックしますicon-208

 

 

 

8.14pic-12

 

 

 

すると、ドキュメントウインドウ上にspoit-1アイコンが現れますicon-206

 

それをウインドウ上で直接下へドラッグしますicon-197

 

 

その際、アイコンが8.14pic-13に変わりますicon-209

その場でプレビューに結果が反映されますicon-217

 

 

 

8.14pic-14

 

 

あとはOKクリックでできあがりicon-54

 

これだけですicon-32icon-62

 

仕上がりはこうなりましたicon-56

 

 

 

 

8.14pic-15

 

 

 

 

かなり鮮やかになりましたねicon-55icon-18

 

 

ハイライトのコントロールポイントを少し下に下げるのと

 

シャドウのスライダを山の手前まで移動させるのがポイントですicon-219

 

 

 

8.14pic-11は画像上で直接トーンカーブの調整ができるので便利ですねicon-54icon-32icon-74

 

 

ぜひお試しくださいねicon-6

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7.30banner①

 

 

 

最後に、色かぶりの補正icon-24

 

こちらは二通りご紹介しますicon-15

 

 

 

 

8.14pic-16

 

 

 

まずこちらの画像を用意しましたicon-145

 

 

 

8.14pic-17

 

 

 

かなり青が強いですicon-9

 

 

さすがにこのレベルだと、全てというわけにはいきませんがicon-7

 

一部修正できますicon-8

 

 

これを修正してみたいと思いますicon-50 

 

 

 

まず、先程のように、イメージ>色調補正>トーンカーブと進みますicon-49

 

 

8.13pic-7

 

 

 

 

次に、パネル下の3つならんだスポイトの一番右ダブルクリックしますicon-214icon-215

 

 

 

8.12pic-9

 

 

 

この初期値も設定していく上で大事な数値ですicon-37

 

 

 

では、スポイトをダブルクリックするとカラーピッカーパネルが現れますicon-45

 

こちらの右横RGBの数値の設定をしていきますicon-61icon-7

 

その時に、safecolorはチェックを外しておいてくださいねicon-210

 

 

では設定についてのご説明ですicon-12

 

もともとの白色点の数値は、R:255 G:255 B:255となっていますicon-56

 

このRGBなんですがicon-43R(レッド) G(グリーン) B(ブルー)のことなんですicon-16icon-4

 

つまり、ここのもともとの数値255を各色で上げicon-35下げicon-34してあげればいいわけですicon-37

 

この例でいくと、こんな感じになりますicon-57

 

 

 

8.14pic-18

 

 

 

 

 

すべて200に設定しましたicon-20

 

 

そしてOKをクリックしますicon-15

 

 

 

つぎに、ドキュメントウインドウ(画像)上にスポイトを配置し、

 

altキーを押します。するとicon-43

 

 

 

8.14pic-19

 

 

このように青が多く表示されますicon-212

なので、この青の部分をクリックしますicon-179

 

 

 

8.14pic-20

 

 

 

すると、修正後がプレビューに反映されましたicon-32icon-4

 

OKをクリックしicon-62icon-27

 

その際、以下のパネルがでてきますがicon-7

 

 

8.12pic-13

 

 

今後同じ設定をしなければ、いいえでいいと思いますicon-216

 

 

そしてできあがりはこちらicon-228icon-220

 

 

 

8.14pic-21

 

 

 

少しわかりづらいですがicon-229

 

バックの風景やテーブルのナプキンあたりの青かぶりしていた部分がなおりましたねicon-208

 

ただ、スポイトでクリックする場所によって、極端に色合いが変わる場合がありますicon-229

 

その時は何度かやり直してみてくださいねicon-131 

 

 

 

 

 

 

8.14pic-22

 

 

 

つぎにチャンネルごとに補正していきますicon-7

 

こちらの画像を用意しましたicon-183

 

 

 

8.14pic-23

 

 

 

全体的に赤かぶりをしていますicon-149 

 

 ヒストグラムを見てみるとicon-43

  

 

 

8.14pic-24

 

 

 

 グリーンブルーの色情報がありませんicon-7

 

なので、赤の色かぶりをしてるわけですねicon-9

 

そこで、色情報がない グリーンブルーを補正しますicon-50 

 

ここで、レッド をおさえれば済むと思いがちですがicon-8

 

グリーンブルーが情報がないため、薄くなってしまうんですicon-25

 

なのでここは、グリーンブルーを補正していこうと思いますicon-20

 

 

 では、イメージ>色調補正>トーンカーブへとすすみますicon-113

 

 

8.13pic-7 

 

 

 

 つぎに、チャンネルのプルダウンからグリーンを選択しますicon-217

 

 

8.14pic-25

 

 

 

 

グラフがグリーンに切り替わりますicon-120 

 

ハイライトにある、下のスライダと上のコントロールポイント山が終わったところまで左に移動させますicon-107 

 

 

 

8.14pic-26

 

 

 

つぎに、プルダウンからブルーを選択しますicon-217

 

 

 

8.14pic-27

 

 

 

グラフがブルーに切り替わりますicon-117 

 

こちらもハイライトにある、下のスライダと上のコントロールポイント山が終わったところまで左に移動させますicon-106 

 

 

 

8.14pic-28 

 

 

 

 OKをクリックすれば、色は補正されましたicon-32icon-27

 

 

 

8.14pic-29 

 

 

赤かぶりがキレイに補正されてますねicon-16icon-17 

 

このようにカラーチャンネルごとに修正することもできますicon-56 

 

 

 

 

トーンカーブについて、基本的なグラフ操作とコントラスト・色かぶり補正をご紹介しましたicon-217

 

トーンカーブは、さらに鉛筆ツールで描画しながらトーンカーブを変更することもできますicon-107

 

今回は基本的な部分を取り上げましたがicon-59

 

慣れるといろいろな調整ができますicon-32icon-21

 

 

レベル補正につづいてよく使う機能ですのでicon-145

 

ぜひマスターしておきたいですねicon-224 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

emoji-tyuui

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



Copyright © 2018 【La Reve Design Store】 All rights Reserved.
ページtopへ戻る