【ブラシツール】パネルの設定と境界線を描く

2017年08月02日
いいね!いいね ! 0     
Loading...
 
95 views♪

 


 

 

 

本日は、ブラシツールをご紹介したいと思いますicon-186

 
ブラシはタブレットなどを使って直接描くこともできるほかicon-116

 

境界線を描くというような、パスに沿って設定したブラシで描くこともできますicon-32icon-7

 

本日は後者の方を実際にやってみて

 

ご紹介したいと思いますicon-118

 

その他に、パネルで作ったオリジナルブラシを登録することもできますicon-125

 

 

 

【Photoshop】
ブラシツール

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 ブラシツール

 

 

 

 

 

今回は実際にこれを作成しながら

 

ブラシについてご説明していきたいと思いますicon-88

 

 

 

8.07pic-25

 

 

 

キラキラ文字ですねicon-6

 

まずご説明前に、お好きなテキストを310ptで書いてくださいicon-205

 

 

 

8.07pic-27

 

 

 

では、ブラシパネルの設定をしていきますicon-208

 

ツールボックスでブラシツールbrushを選択し、brush-panelブラシパネルを開いてくださいicon-175

 

 

 

 

 

 

7.30banner①

 

 

 

 

ハードブラシhardbrushを選択して

 

ブラシ先端のシェイプから設定していきますicon-205

 

 

以下の画像のように数値を設定して下さいicon-197 

 

 

 

8.07pic-28

 

 

 

ここでは、ブラシの種類や直径、角度や間隔等を設定しますicon-149

 
 ブラシはオリジナルなど、後で追加したものも全部ここに表示されますicon-138

 

間隔は、数値が高いほどあくということですねicon-56

 

 

 

 

 

 

 

 

7.30banner①

 

 

 

つぎは、シェイプの設定ですicon-20icon-5

 

以下のように設定して下さいicon-1

 

 

 

 

8.07pic-29

 

 

 

ここではストロークのシェイプをメインに設定しますicon-4

 

コントロールの部分はプルダウンになっていますicon-115

 

 

下のプレビューに反映されるので、いろいろ設定しながら確認してみてくださいねicon-16

 

 

 

 

7.30banner①

 

 

 

 

つぎに、散布の設定ですicon-143

 

こちらも以下のように設定してくださいicon-111

 

 

 

 8.07pic-30

 

 

 

 

 ここは、ブラシ先端のストローク内で散らばりを設定しますicon-10

 

変化がわかりやすくプレビューされるので、実際に設定してみるとわかると思いますicon-57

 

 

 

 

 

7.30banner①

 

 

 

今度はテクスチャですicon-185

 

icon-44今回のテキストの設定にはテクスチャは設定しませんicon-7

 

 

ご説明だけしますicon-19

 

 

 8.07pic-31

 

 

 

 

ブラシのストロークにテクスチャを適用させますicon-91 

 

 これはわかりやすいですねicon-32

 

登録されているパターンが、テクスチャとして使用されますicon-5

 

なので、オリジナルのパターンを登録してテクスチャにわりあてることもできますねicon-10icon-11

 

 

 

 

7.30banner①

 

 

 

 

つぎに、デュアルブラシですicon-61icon-7

 

icon-44こちらも今回は設定しませんicon-11

 

 

ご説明だけになりますがicon-58

 

 

 

8.07pic-32

 

 

 

これは、今回のブラシにspatterというブラシを選んで適用させたものですicon-45icon-46

 

ストロークにブラシの特徴が反映されてますねicon-55 icon-18 

  

 このように、2つの先端をくみあわせてブラシをつくるところになりますicon-15

 

 

 チョークのようなブラシを作る時とかにもよさそうですねicon-37

 

ただ、一番上の描画モードの設定も忘れずにicon-7

 

 結構忘れがちですicon-32 icon-11

 

 

 

 

 

7.30banner①

 

 

 

 つぎはカラーですicon-56

 

今回でいうと、この部分ですねicon-142

  

 

 8.07pic-33

 

 

 

 

このように後で設定する描画色と背景色がどう反映するかを設定しますicon-50 

 

今回は以下のように設定しますicon-38

 

 

 

 8.07pic-34

 

 

 

今の段階ではわかりませんがicon-9 

  

実際描いてみるとわかりますicon-4 

 

 

 

 

 

 

 

7.30banner①

 

 

 

つぎは、その他の部分の設定ですicon-49

 

以下のように設定しますicon-208 

 

 

 

8.07pic-35

 

 

また、wetedge-iconは、水をふくんだような輪郭がにじんだストロークが設定できますicon-4 

 

 

 

 

 

7.30banner①

 

 

 

 

さて、いよいよ境界線を描きますicon-61icon-7

 

ブラシパネルの設定が終わったらicon-5 

 

 

 

 描画色と背景色を以下のように設定しますicon-56icon-51

 

 

 

8.07pic-36

 

 

 

 

つぎに、key+み新規レイヤー作成し、名前をブラシとつけてOKを押しますicon-7

 

レイヤーパネル上で、下にあるテキストレイヤーはeye-iconをクリックして非表示にしておきますicon-106 

 

 そして、ウインドウ上で右クリックして作業用パスを作成を選択しますicon-50

 

 

 

8.07pic-37

 

 

するとこのようになりますicon-109

 

 

 

8.07pic-38 

 

 

レイヤーパネル上で、ブラシレイヤーを選んだ状態でツールボックスからパス選択ツールyajirusiを選択し

 

ウインドウ上を右クリックして、パスの境界線を描くを選択しますicon-16

 

 

 

 

8.07pic-39

 

 

 

 

 

でてきたパネルのツールの部分のプルダウンからブラシを選びicon-6

 

strongのところに✔が入っていないことを確認し、OKをクリックしますicon-203

 

 

 

 

 

8.07pic-40

 

 

 

するとこうなりましたicon-54

 

 

8.07pic-41

 

 

 

このように、ブラシ・色の設定をしてパスに沿って描くことができるんですicon-32 icon-55 icon-17

 

 

 

なお、画像の選択範囲をパスに変更する時はicon-229

 

選択範囲を作成後、パスパネル下の選択範囲から作業用パスを作成アイコンをクリックすれば

 

パスへ変更されますよicon-197

 

 

 

 

8.21pic-20

 

 

 

 

 

 

写真や画像のお好きなところを選択してicon-64それをパスに変えicon-64設定したブラシで境界線を描く

 

なんてこともできますよねicon-15

 

 

 

ブラシパネルの設定をマスターするのは、なかなか簡単ではないですがicon-29

 

 

プレビューをみながら1つ1つ設定していけば大丈夫だと思いますicon-15

 

 

 

 

 

 

7.30banner①

 

 

 

 

長くなりましたがicon-58 icon-31

最後にオリジナルブラシを登録する方法をご紹介しますicon-145

 

今回設定したブラシを登録してみたいと思いますicon-56

 

 

ブラシパネルbrush-panelの一番下にある新規ブラシを作成アイコンをクリックしますicon-120

 

 

 

 

8.07pic-42

 

 

 

すると、以下のようなパネルがでるので、名前を記入してOKをクリックするだけですicon-54icon-56

 

 

 

8.07pic-43

 

 

 

ブラシパネルのプリセットの一番下に、登録したブラシがあると思いますicon-204

 

 

 

8.07pic-44

 

 

 

 

 

いかがでしたでしょうかicon-32icon-5

 

長い記事にお付き合いくださいまして、ほんとにありがとうございますicon-58icon-21

 

 

タブレットなどでふつうに描く方法もありますがicon-7

 

今回のように、テキストやシェイプレイヤーのパスに沿って描いていくこともできるんですねicon-92

 

ブラシパネルの設定は、いろいろなものを表現できるためicon-4

 

よく今回のように設定して使う機会が多いですicon-7

 

皆さまもぜひお試しくださいねicon-22

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

emoji-tyuui

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



Copyright © 2018 【La Reve Design Store】 All rights Reserved.
ページtopへ戻る